伊予銀行住宅ローン

住宅を購入しようと思ったら、住宅ローン選びが重要!

 

 

では、

 

伊予銀行の住宅ローンとはどのようなローンなのでしょうか?

 

審査結果がが翌営業日に出るのでとてもスピーディーである!


 

 

勤務内容・勤務年数に関係なく、安定した収入があるなら借りることが可能に!


 

融資金を車庫や家具・引っ越し費用など住宅に関するさまざまな用途に利用することができる!


 

つなぎ融資を借りなくてもいいように、分割で融資が受けられる!


 

 

家賃と住宅ローンの二重払いが苦しかったり、出産や離婚などで返済が困難な時には、最大1年間、利息分だけを支払うことができる!


 

死亡時や高度障害時だけではなく、3大疾病の時でも保障が受けられる!


 

住宅ローンに関する疑問や質問は、ローンプラザで相談することができる!→土日、祝日も営業しているところアリ。


 

 

                                 以上のような特徴があります。

 

 

これらの特徴を見て、

 

伊予銀行住宅ローンについて少しでも興味が出という方は、

ここから先、詳しく解説していますので、ぜひご覧ください!

 


伊予銀行カードローン審査甘い?口コミどう?【金利と借り方】
伊予銀行では、個人向けカードローンとして「さっとカードローン」「ホットカードローン」「スピードカードローン」の三つが用意されています。

はじめに、伊予銀行住宅ローンの特徴・メリットなどを確認しておきましょう!

このサイトでは、

 

伊予銀行の住宅ローンについて、特徴やメリット・デメリットなどをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

伊予銀行は、愛媛県松山市に本店を置くいわゆる地方銀行です。愛称は「いよぎん」と呼ばれています。

 

 

伊予銀行は、1878年に設立した第二十九国立銀行と第五十二国立銀行、1896年に設立した今治商業銀行が起源になっています。

 

その後、第二十九国立銀行、八幡浜商業、大洲銀行が合併した豫州銀行、第五十二国立銀行と仲田銀行が合併した松山五十二銀行などを経て、1941年に今治商業銀行、松山五十二銀行、豫州銀行の3行が合併して伊豫合同銀行が設立されました。

 

1951年に「伊豫銀行」と改称しています。

 

2012年3月期における地方銀行の中で、預金額は4兆5000億円あまりで第15位、総資産額は5兆6500億円あまりで第14位、経常利益は355億で第13位、自己資金比率は13.1%で第17位となっており、地方銀行の中でも中堅クラスだといえます。

 

 

伊予銀行は、松山市を中心に愛媛県全域に渡って店舗を構えています。

 

愛媛県外では、香川県・高知県・徳島県の四国3県と、九州の大分県・福岡県、中国地方の広島県・岡山県・山口県、東京都・名古屋県・大阪府・兵庫県などにも支店網を形成しています。

 

 

伊予銀行が提供している住宅ローンには、以下の様な特徴があります。

 

「事前審査申込制度」により、基本的に「事前審査申込書」と「住宅地図」のみで事前審査を行い、原則として翌日(銀行営業日)に結果を知ることができ、非常にスピーディーです。


 

借り入れ時の年齢が満20歳以上満70歳以下、完済時年齢満81歳以下の人で、安定確実な収入があれば、誰でも申し込むことができます。また、消費税や引っ越し費用、造園や車庫、家具やインテリア等、住宅取得に伴うあらゆるニーズの資金として利用することができます。


 

購入物件に入居するまでの家賃負担などに配慮して、1年以内の元金返済据置が可能となっています。


 

死亡、所定の高度障害に加え、3大疾病(「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」)と診断された場合にも、住宅ローンの残高全額が保険金として支払われる特約をご利用できます。


 

伊予銀行が提携している株式会社リラックス・コミュニケーションズが提供する「Club Off」の特典を利用することができます。


 

ローンプラザでは、ローンの専門スタッフが住宅取得に関する様々な相談を受けてくれるとともに、受付から借り入れまでのサポートを受けることができます。なお、休日も営業している店舗もあります。


 

簡単!安心のカードローンおすすめ

りそな銀行カードローン審査!即日申し込み窓口【りそなプレミアム】

りそな銀行カードローンは
業界最低水準の低金利!
カードローンの利用でポイントになってくるのが金利なわけですが、りそな銀行カードローンはとにかく金利が低いです。なんと3.5〜11.5%となって・・・

銀行系なのに即日融資可能!
銀行系カードローンのデメリットのひとつは、即日融資が出来ないことなのですが、りそな銀行カードローンでは即日融資にも対応をしています。ですので「今日すぐ低金利のカードローンを・・・

利用限度額が大きい!最大800万円!
これぞ銀行系カードローンの特徴と言いましょうか、利用限度額が800万円と大きいのもりそな銀行カードローンのメリット・・・。その点だけは勘違いしないように気をつけて下さいね。
(サイトより抜粋)

伊予銀行の住宅ローンはどのような人に向いているのでしょう?

こちらでは、

 

伊予銀行の住宅ローンには、どのようなメリットがあり、どのような人に向いているのか考えてみましょう。

 

 

【地域に密着したサービス】

 

伊予銀行はいわゆる地方銀行で、本店のある愛媛県松山市を中心に、愛媛県・四国・中国地方などに密着したサービスを展開しています。

 

特に愛媛県に在住している人にとっては、大手都市銀行やネット銀行以外に住宅ローンを検討する金融機関として、有力な候補の一つだと思われます。

 

 

【段階金利】

 

伊予銀行の住宅ローンでは、「変動固定選択型」、「全期間固定型」、「段階金利」の3種類の金利タイプから選ぶことができます。

 

そのうち、変動固定選択型の当初固定金利と、段階金利については、他の金融機関と比べても、かなり低い金利になっています。

 

しかし、変動固定選択型では、当初固定金利期間が終了すると、変動金利を選択したとしてもかなり金利が高くなってしまいます。

 

 

その点、段階金利については、11年目以降に金利が上昇しますが、少々幅も限定的で、35年の長期ローンを組んだとしても、長期固定金利が低いことを売りにしているフラット35よりも総支払額を低く抑えることができそうです。

 

従って、住宅ローンの金利を固定して、安定した返済計画を建てたいと考える人に、伊予銀行の住宅ローンはお勧めです。

 

 

【幅広い融資対象】

 

一般の住宅ローンでは、ローン申込者や申込者の家族が住むための住宅の取得や住宅用の土地の購入などが主な用途になっており、いわゆるセカンドハウスに対しては、融資された資金を使うことができないケースが多くあります。

 

また、セカンドハウス用のローンを設定している金融機関もありますが、それらのローンの多くは、一般の住宅ローンよりも金利が高く設定されているケースがほとんどです。

 

伊予銀行の住宅ローンでは、融資対象がかなり幅広く設定されており、セカンドハウスのローンも組むことができます。

 

当然、住宅ローン金利もセカンドハウスだからといって高くなることはありません。伊予銀行の住宅ローンはセカンドハウスを取得する場合にもお勧めです。

 

 

【ローンプラザ】

 

伊予銀行では、愛媛県内に7箇所のローンプラザを構えています。

 

それらの店舗の中で、松山市・今治市・新居浜市・西条市のローンプラザでは、土日、祝日でもオープンしています。

 

住宅ローンに関する様々な疑問や質問に答えてもらったり、様々なアドバイスを受けたりすることができます。

 

等サイトでも住宅ローン金利に関する疑問点をローンプラザに問い合わせたところ、親切に教えてもらいました。

 

ネットだけでローンに関する作業をするのではなく、対人で様々な不安を解消しながら住宅ローンを組みたいと考える人にお勧めです。

 

 

 

 


住宅ローンの便利なリンク集