伊予銀行住宅ローン

伊予銀行住宅ローンに必要な諸費用はどのくらい?

こちらでは、

 

伊予銀行の住宅ローンに必要となる諸費用についてみてみましょう。

 

 

住宅ローンは非常に高額な負債です。

 

月々の返済が可能な範囲はどの程度か、金利がどのように設定されているかなどについて、綿密に計画しないと、住宅ローンの返済が円滑にできないリスクがあります。

 

しかし、住宅を取得する際には、土地や住宅などの価格以外にも、いろいろな費用が必要になります。

 

このような費用は諸費用と呼ばれますが、金融機関によって違いがあります。

 

月々の返済額やローンの総支払額だけではなく、諸費用についても正しく見積ることによって、適正な資金計画が可能になります。

 

 

伊予銀行では、WEBサイトで住宅ローンのシミュレーションを行うことができます。

 

毎月の返済額や年収からみた借り入れ額の目安や、借り入れ希望額からみた毎月の返済額を見積もることができます。

 

それらのシミュレーションを行うと、必要となる諸費用についても概算結果を示してくれます。

 

 

モデルケースとして、借り入れ金額を3000万円、返済期間を35年、ボーナス時加算なし、とした場合を仮定して、伊予銀行のシミュレーションWEBサイトで諸費用を概算してみます。

 

 

 登録免許税

 

土地や住宅を購入した時には、一般に引渡しを受けると同時に登記を行います。

 

この時に登録免許税を支払う必要があります。

 

登録免許税は、購入金額の1000分の4ですから、モデルケースの場合には12万円が必要です。

 

 

 収入印紙

 

住宅ローンの契約書(金銭消費貸借契約書)を有効とするためには、ローン金額に応じた収入印紙を購入して、印紙税を支払わなければなりません。

 

借り入れ金額が3000万円の場合には、2万円の収入印紙を購入し、貼り付け、割り印を行う必要があります。

 

 

 保証会社事務手数料

 

伊予銀行の住宅ローンでは、いよぎん保証(株)が住宅ローンの保証を行います。

 

その際、事務取扱手数料として3万1500円を支払う必要があります。

 

 

上記の1〜3を合計すると、伊予銀行のWEBサイトでは、諸費用として17万1500円と見積もられました。

 

 

しかし、WEBサイトで見積もられた諸費用以外にも、下記のような費用が必要になりますので、注意が必要です。

 

 

 司法書士報酬

 

登記を行う際に、司法書士が手続きを代行します。

 

一般的には、伊予銀行が指定する司法書士を利用することが多いと思います。

 

司法書士報酬は一律に決まっていませんが、数万円程度が必要になるものと思われます。

 

 

 保証料

 

保証料は、分割払いとして、住宅ローン金利に0.2%程度を上乗せにすることにより支払うこともできますが、住宅ローン締結時に一括して支払うことも可能です。

 

一括支払いの場合には、60〜70万円程度が必要になるものと思われます。


住宅ローン借り換えのおすすめサイトリンク

新生銀行住宅ローン借り換えデメリットは?【金利・審査の落とし穴】
新生銀行の住宅ローン借り換えについて、金利や審査を研究しそのメリットとデメリットをご紹介しています。住宅ローン借り換えの有力な候補である新生銀行について徹底的に研究しています。
www.ginkou-jutakuloan-karikae.com/